通院が必要な子達。

うちには怪我や病気で弱った状態で保護され、
定期的な通院を必要とする子が少なくありません。

そんな子達を少し紹介したいと思います。


まずは仔猫のみーたんです。

みーたん2015.7.9

お手伝いスタッフのMさんが見つけ、保護されました。
フラフラして自力で立てず、お腹に傷もありました。

みーたん2015.7.13

フラフラの原因は小脳障害。
お腹の傷はなぜできたのか原因不明。
数日入院し、自力でご飯が食べれるようになったので退院しました。

お薬を飲ませ、様子を見ていたのですが
また元気が無くなりふらつき始め、ご飯も食べなくなったので再入院。

2日ほど入院して退院。
それから2週間ほど経ちますが、今のところはとても元気です。
お腹がすくと大声で「ニャーニャー」おねだりしてくるので
その時にウェットフードをお腹いっぱい食べさせています。
(ドライは全然食べてくれません;)

みーたん2015.7.23

ですが、またいつ障害が出て元気が無くなるかわかりません。
リラックスして寝ているだけでも
「生きてる??」と心配になります;;
小さな体でがんばっています!
経過観察中です。



次は成猫で猫エイズキャリアのがっちゃんです。

がっちゃん2015.7.21②

がっちゃんは以前お世話になっていたボランティアさんのところにいました。
ずっと鼻をぐずぐずさせていて心配だったので
治療のために連れて帰り、そのままうちにいます。
定期的に体調を崩し、そのつど通院しています。

先日もご飯を食べれなくなり、検査をしていただきましたが
今回は腎臓の数値がとても悪く、猫エイズの発症の危険もあったため即入院。
結局ご飯が食べれるようになるまで5日かかりました。

がっちゃん2015.7.21①

今はとりあえずうちで薬を飲ませて様子を見ています。



そして、6月に保護した脱毛猫のミナミ

山南猫2015.6①

↓ノミアレルギーでこんなゴワゴワしてた体も...

山南猫2015.6②

↓今はきれいになりました。

怪我猫2015.7.6

皮膚の再生にエネルギーをもっていかれ
ガリガリに痩せていましたがだいぶ肉がついてきました。
最初は好き嫌い無くなんでも食べていたのに
いまじゃあ一部のメーカーのウェットフードを食べなくなったんですよ。
贅沢になったものだ;

体力が戻ってきたようなので、そろそろワクチンかな。
威嚇があるので洗濯ネットに入れて連れて行きます(><;)



*おまけ*
先日保護してYさんに預かっていただいた仔猫3匹ですが
病院で体についていた無数のノミを駆除してもらい
ボルホカラーを付けて帰ってきたそうですが、
その時に落ちたノミの死骸のすごいこと.....

画像をあげますが、一応閲覧注意かな...。
見たい方のみこちらをクリック

中型犬が入るケージの床一面にノミ、ノミ、ノミ.......
仔猫3匹分です。恐ろしいです;

昨日も現場に行きましたが、
明らかにノミアレルギーで体毛ボサボサの仔猫がいました。
あいにく保護はできませんでしたが、
また今日再チャレンジしてきます。

はやく痒みから解放してあげたい...。

ちなみに、骨折の子は確認できませんでした。



***緊急のお願い!***

猫の保護が続き、様々なものが足りません!

①仔猫用フード(ドライ、ウェット)
②猫砂(紙製、システムトイレ用等)
③駆虫薬(レボリューション、フロントライン等)
④医療費
⑤猫(仔猫、骨折した成猫)の預りさん

特に医療費に関しましては、一番にお願いしたいです。
仔猫のノミダニ駆除、その後のケアやワクチン費用、
骨折した猫を保護できた場合は、
多額の入院費と手術費がかかってきます。
実際に怪我の状態を病院で診ていただかないことには
医療費がいくらかかるかわかりませんが
もし余分が出た場合は、その子のお世話に必要な物の購入費に
充てさせていただきたいと思っています。
今はともかく、早く猫を保護して治療してあげたいです。

物資の送り先等は下記アドレスまでご連絡ください。
tanba_hogoneko★yahoo.co.jp(★→@)

皆様、なにとぞご協力のほど
よろしくお願いいたします!!

スポンサーサイト

大型捕獲作戦実行中。

6月下旬、市内の高齢の男性より
猫についての相談をうけました。

話が長くなるので要約すると
「作業場にしている建物で餌をやっている猫が仔猫を産んだ。
 その仔猫をなんとか捕まえたい。」
というものでした。

仔猫は5〜6匹、成猫は3匹。
この方は猫を捕まえて処分することしか知らない人だったので
とりあえず仔猫はこちらで保護&里親探しすることにし、
成猫については「なんとかする」と言ってましたが
なんとか=刹処分 なので、それはしないよう説得中。

仔猫はすでに2〜3ヶ月になろうとしており
早急な保護が必要でした。

そして昨日、27日(月)スタッフのYさんと共に現場へ。
ターゲットは白猫母さんが産んだ仔猫5匹(茶白4匹、黒白1匹)。
できれば母さん猫も一緒に保護してあげたい...


青垣2015.7.27①


依頼人の都合により、現場に入ったのが午後だったので
仔猫はすでにご飯と母猫のお乳でお腹いっぱいの状態。
(捕獲日はご飯をあげないようにと言っておいたのですが...)

で、捕獲器を置いても上に登って遊んだり
床板の下や屋根裏にあがってしまってお手上げ状態。


青垣2015.7.27②
依頼人は「仔猫は屋根裏にあがらん」と言ってましたが
壁に立てかけてある板を足場に、軽々登ってました;


そんな状態だったので、後日出直そうと外へ出た時
建物のまわりにもたくさんの猫を発見。

確認できただけでも成猫3匹、仔猫4〜5匹いました。


青垣外猫①2015.7.27

青垣外猫③2015.7.27

青垣外猫②2015.7.27

青垣外仔猫2015.7.27


実は依頼人は外の猫にも餌をあげていました。
外猫用の餌場も作ってありました。

ちょうど猫が餌場に寄ってきそうだったので
試しに捕獲器を置いてみたところ、
仔猫が1匹すんなり入ってくれました。

この子は当初予定に無かった子ですが
見つけてしまったからには仕方無いと、連れて帰ることに。


青垣外仔猫①2015.7.27


外の猫を調査しているとき、
スタッフのYさんが後ろ脚を怪我している猫を見つけました。


青垣外猫③2015.7.27①


一見普通に見えるのですが
左後ろ脚の脚先を引きずっている状態で
見るからに痛々しい...
それでも走ったりジャンプもしていました。


青垣猫骨折


依頼人に聞いたところ「天井から落ちて骨折した」
「悲鳴も聞いた。血だらけだった」とのこと。

最初にそれを聞いて「外猫なのに天井?」と違和感を感じ
さらに詳しく話を聞くと
「夕方になったら家にいれてやっている」と言うのです。

信じがたい言葉でした。

とにかくその子も緊急に保護せねばならないと判断し
その子が行く先々に捕獲器を置いたりしたのですが
依頼人が家のドアを開けっ放しにしていたせいで中に入ってしまい
捕獲できなくなりました。

(依頼人が障害に...;)

この件はもともと依頼人のほうで捕獲してもらって
保護できた子からうちに連れてくるという作戦で
7月頭から始まっていました。

しかし依頼人からは一向に連絡が無い。
仔猫3匹捕まえた時があったらしいのですが
ケージの組み立て方が悪く、逃げてしまったとか。

たぶんそれからやる気を無くしてしまったのでしょう。
捕獲器もケージもうっすらホコリかぶってました。

依頼人は頼りにならないので
捕獲器を室内に仕掛けさせてもらい、一旦帰宅し
夜に様子を見に行くことにしました。

7時半すぎに確認に行ったときは入っていませんでした。

猫の好きなかつお節などを追加し
もう一度捕獲器を仕掛け、様子を伺ってましたが
今度はなんと、仔猫3匹まとめて入ってくれました。


青垣仔猫③2015.7.27

青垣仔猫②2015.7.27

青垣仔猫①2015.7.27


部屋の電気を付けて仔猫を確認したとき
私とYさんは絶句。

ノミダニのせいで皮膚は真っ黒、
痒くて舐めたせいで毛が抜けて薄くなり
多数の虫が動き回っているのが肉眼で確認できるほどでした;


青垣仔猫皮膚2015.7.27
↑真っ黒な皮膚

青垣仔猫虫
↑丸印のところに虫
(画像には写っていませんが、うじゃうじゃいました)


部屋がかなり荒れており、
ノミダニはいるだろうと覚悟してましたが
まさかこれほどとは...


もう本当に早くなんとかしてあげたい...


室内で捕獲した3匹の仔猫は
Yさんが預かってくださることになりました。
もちろん、病院で虫の駆除と
できる限りのケアをしてもらう予定です。


あとは室内の仔猫2匹と母猫、
外の骨折猫と仔猫3〜4匹を早くなんとかしなければ...


捕獲作戦はまだまだ続きます。



***緊急のお願い!***

猫の保護が続き、様々なものが足りません!

①仔猫用フード(ドライ、ウェット)
②猫砂(紙製)
③駆虫薬(レボリューション、フロントライン)
④医療費
⑤仔猫(半野良)の預りさん

特に医療費に関しましては、一番にお願いしたいです。
仔猫のノミダニ駆除、その後のケアやワクチン費用、
骨折した猫を保護できた場合は、
多額の入院費と手術費がかかってきます。
実際に怪我の状態を病院で診ていただかないことには
医療費がいくらかかるかわかりませんが
もし余分が出た場合は、その子のお世話に必要な物の購入費に
充てさせていただきたいと思っています。
今はともかく、早く猫を保護して治療してあげたいと思っています。

物資の送り先等は下記アドレスまでご連絡ください。
tanba_hogoneko★yahoo.co.jp(★→@)

皆様、なにとぞご理解ご協力のほど
よろしくお願いいたします!!



次回の譲渡会が決まりました!

2015.9.27譲渡会画像2


日時:2015年9月27日(日)
   13時〜16時(予定)
場所:丹波市柏原町柏原201番地
   丹波新聞社1階フロア
内容:猫とのお見合い、写真&パネル展、バザー



開催時間を変更しました。
(お昼をはさむといろいろな不都合が出るため)

あと、今回から仔猫の抱っこはお断りさせていただくこととなりました。
小さな体に負担がかかり、体調を崩す恐れがあるためです。
ですので、里親希望者様にのみ許可させていただきます。
ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします(_ _)


バザー品と物資のご支援のお礼。

譲渡会後にいただいたバザー用品と支援物資を
簡単に紹介させていただきます。



東京都のI様から、バザー用品として
たくさんの雑貨等をいただきました!
個包装までしていただき、とても助かります!

バザー品2015.7.13



丹波市のY様より。
自宅の猫さんが亡くなったということで
フードと猫砂をいただきました。
飼い猫さんのご冥福をお祈り致します。

物資2015.7.19



お隣さんから、猫砂10袋と
ウェットフードをいただきました!
いつもすみません;

物資2015.7.20①
物資2015.7.20②



あと、ぐーちゃんの里親さんから
たくさんの野菜と猫砂もろもろをいただきました!
(写真を撮り忘れました;;)
ありがとうございました!!



様々な形で皆様に支えていただいております。
感謝感謝の毎日です(_ _ )

ちゃーこからのお礼

↑この子は元野良のちゃーこです。
駅でいろんな人にご飯をもらって生活していた猫の一匹。
避妊・去勢手術されずにいたので駅に猫が増え
困った駅長さんから相談を受けました。

駅前の道路で事故死する猫も後を絶たたず
手術をしてリリースしても安心安全に暮らしていける場所では無いため
捕獲・保護にいたりました。

ちゃーこ2015.6

最初は威嚇していましたが、最近では撫でても怒らないまでになりました。
ちょっと短足でずんぐりむっくりの体型がカワイイですw
「慣れるまでにどれだけ時間がかかってもいい!」という
強者の里親希望者さまがいらっしゃいましたら
ご連絡くださいませ(^^;)

tanba_hogoneko★yahoo.co.jp(★→@)

ご支援のお礼。

譲渡会でたくさんの物資をいただきましたので
簡単に紹介させていただきます。


当会より、仔猫を里子を迎えてくださったF様より
猫砂と猫缶をいただきました!
毎回来てくださってありがとうございます♪

物資①2015.7.21



キャリーに入って捨てられていた仔猫を見つけて
保護してくださったO様より
猫砂とドライフードをいただきました!
ヤマトは元気でやってますよ♪

物資②2015.7.21
物資③2015.7.21



京都から来てくださったO様より
猫砂とカークランド4袋いただきました!
一日お手伝いくださり、本当に助かりました!
ありがとうございました!

物資⑤2015.7.21
物資④2015.7.21



消費の激しい猫砂やフードは
いくらあっても困りませんし、とても助かります。
皆様のお気持ちに感謝いたします!



きんたろう2015.7.21


写真の子はきんたろうです。
去勢手術を済ましたばかりだったので
今回の譲渡会は参加できませんでした。
里親さん募集中です!
比較的おっとりしたマイペースな子です♪
ワクチン、去勢手術済み。
血液検査はどちらも陰性。
ご連絡おまちしております(^ω^)

tanba_hogoneko★yahoo.co.jp(★→@)



こむぎとくろまめのお届けでした。

今日はこむぎとくろまめ姉妹を
市内の里親希望様宅へお届けしてきました!

台風の影響で若干風はありましたが
そこまで怖いほどでもなかったです。



おうちに着いて、さっそく探検しだしたのは
くろまめでした。


くろまめ2015.7.17②


少し腰は引けているものの、好奇心旺盛に
あちこちをぐるぐる。

それにひきかえこむぎときたら
キャリーから一向に出て来ない;

このままでは時間がかかると思い
強引ではありましたが、無理矢理出し
くろまめが潜り込んでいたソファーの下に
こむぎも入れてみました。


こむぎ2015.7.17②


びくびくして少し可哀相でしたが、
心を鬼にして、帰ってきました。

2匹一緒なので、寂しいことは無いと思います。
慣れるのもそんなに時間はかからないでしょう。

里親様は本当に楽しみに待っててくださっていました。


くろまめ2015.7.17①

こむぎ2015.7.17①


T様、やんちゃな2匹をよろしくお願いします。


譲渡会報告(7/12)

2015.7ポスター


7月12日(日)は譲渡会でした。

心配していた台風はそれましたが
梅雨の蒸し暑さがこたえる一日となりました;


それでも会場にはたくさんの方が
来てくださいました!


お見合いコーナー。
譲渡会2015.7①

バザーコーナー。
譲渡会2015.7②

展示コーナー。
譲渡会2015.7③


今回は見苦しかった展示物を一新。

これからは啓蒙活動にも力を入れようと、
動物問題を訴えるチラシコーナーや
虐待&遺棄されたと思われる仔猫の記事、
ひどい怪我を負って保護された子の写真などを前面に
押し出す形で配置しました。


譲渡会2015.7④
譲渡会2015.7⑤


あとは今まで里子にいった子達の写真を展示。


譲渡会2015.7⑥


良い写真が見つけられず、ここに展示できたのは
3分の2くらいですかね...。
次回までに全て探し出して展示したいです;


今回、参加した猫は
①つねきち
つねきち2015.7.21

②もちゃこ
もちゃこ2015.7.21

③ごまお
ごまお2015.7.21

④ぎゅうたろう
ぎゅうたろう2015.7.21

⑤とらぞう
とらぞう2015.37.21

⑥こむぎ
⑦くろまめ

⑧新入り仔猫さん

⑨クロちゃん
⑩ジャスミン
クロちゃん2015.7.21
⑪ミモザ
仔猫2015.7.21①
⑫ビオラ
仔猫2015.7.21②

※寝姿で失礼(_ _ ;)


あと2匹仔猫を追加しましたが
もうお客さんがひいたあとだったので
あまり意味がありませんでした;;

そして今回、トライアルが決まったのは
こむぎとくろまめ、そして新入り仔猫の3匹でした。

こむぎ2015.6①
くろまめ2015.6①

仔猫2017.7.1①


そう、新入り仔猫とは例の最近保護した子です。

少し早いかも...と思いましたが
思い切って参加させたらすぐにお声がかかり
8月にトライアルに行くことになりました。

そしてこむぎくろまめは2匹一緒に〜と
声をかけていただきました!
すごくありがたかったです(><)

一番人気があったクロちゃん一家、
ジャスミン&ミモザ&ビオラの生後2ヶ月姉妹ですが
ふれあい担当で終わってしまいました。
あれだけカワイイカワイイと言ってもらったのになぁ...
ご縁につながらず、残念です(´_`;)



今回のバザーの売上は12,000円
募金が18,857円
チャリティーグッズの売上が8,400円
そしてMさんが保護された虐待&遺棄の疑いがある
「ミント君」のための募金が4,931円でしたので
合計44,188円ものあたたかいお気持ちをいただきました!

譲渡会へきてくださった皆様、
場所を貸してくださった丹波新聞社様、
ポスター掲示&チラシを置いてくださったお店や施設様、
準備に奔走くださったスタッフのみなさん、
本当にありがとうございました!

今回はアンケートへの協力もお願いしたのですが
たくさんの方が記入くださいました。
今後の活動の参考にさせていただきますね。
ご協力、ありがとうございました!

毎回、何か新しい取り組みを考え
里親探しだけでなく、動物問題を皆さんと一緒に考えていく、
そのような場になれば良いなと思ってます。


次回は9月下旬を予定しています。
また日にちが決まり次第、こちらでもお知らせしますので
来てくださるとうれしいです♪

よろしくお願いします(*^^*)


バザー品のお礼とお知らせ。

バザー用品をたくさんいただきましたので
簡単に紹介させていただきます。


丹波市のO様より
バザー品2015.7.7①


丹波市のK様より
バザー品2015.7.7②


丹波市のT様より
バサー品2015.7.10


みなさま、たくさんのバザー用品を提供くださり
本当にありがとうございます!



そしてお知らせです。
新しいチャリティーグッズができあがりました♪

オリジナル缶バッジ

缶バッヂセットです。
明日の譲渡会で販売いたします。



バザー用品&チャリティーグッズの売上は
すべて保護活動費として大切に使わせていただきますので
ご協力よろしくお願いいたします!

救えた命。

実は、黒猫のベリー君を探していたとき、
もう一匹の仔猫を発見し、保護しました。


仔猫2017.7.1①


大きさはベリー君よりやや小さい?
しかし居た場所は同じなので、兄弟の可能性は大です。

淡い色の縞三毛?サビ??の女の子。

撫でるとゴロゴロいいますが
近づくと逃げてしまうので
完全に人に慣れてから里親募集する予定です。


仔猫2015.7.1②


救えた...というと大層に聞こえますが
もしもあのままあそこにいても
野生生物に狙われることもあるだろうし
時間帯によっては交通量が増えるので
事故の危険性もありました。
今まで満足にご飯が食べれていたかも不明です。

あのままこの子を保護せず放っといていたら
きっと後悔したと思います。

ですので、この子はベリー君の分まで
幸せになってほしい...
幸せにしてあげたい!と思ってます。

救いたかった命。

※一部グロい画像がありますので
 閲覧注意でおねがいします。






7月1日。
スタッフのMさんに猫の保護依頼がありました。

とある山沿いの建物付近に仔猫がいるということ。
そのときの画像がこれです↓

ベリー2015.7.1


まだまだ小さいその体に
ひどい怪我をしているのがよくわかりました。

その日、スタッフ数人が確認に向かいましたが
残念ながら発見に至りませんでした。



7月2日。
朝と昼にも姿が見えず...
だんだん焦りが見え始めた頃に相方から発見の連絡が!

ベリー2015.7.2

近づくと建物の奥の方へ行ってしまったとのことで
すぐに他のスタッフさんにもヘルプを出し
相方とMさんとで捕獲器を持って再度その場所へ
向かってもらいました。


そして数分後、無事に保護できたと知らせをもらい、
そのまま近くの病院へ搬送してもらいました。


ただただ元気になってくれることを祈るばかりでした。



7月3日。
昼前に相方に面会に行ってもらいました。

ベリー2015.7.3

先生の説明によると
傷口の化膿による毒素性ショックシンドローム手前の
とても危険な状態であること。
そして左後ろ足は脱臼してだいぶ経っていて
切断しなければならないであろうということ。

ご飯がまったく食べれないので
しばらく点滴を打ち、体力回復を待ち
それからの処置になるということでした。


手厚い看護を受け、きっと助かると思っていました。


ですがその日の16時10分頃、
小さな命は燃えつきてしまいました。



とても残念で、とてもとても悔しくて
たまりませんでした。



7月6日。
本日、スタッフのMさんとTさんご夫婦が
火葬場へ連れて行ってくださいました。

ベリー2015.7.6

ベリー君という名前と
スタッフさん達の愛情をたくさんもらって
虹の橋へと旅立ちました。



生後2〜3ヶ月と思われる小さな黒猫。

周囲に親猫の姿は見られなかったので
はぐれてしまったか、
はたまた捨てられたか...。

ここは仔猫がよく目撃されるところですので
やはり「捨て場所」になっているのかもしれない...。
(ですので詳細な場所は明かしません。)



痛みに耐え、必死で生きていた命。
救いたかったです。

救えずごめんなさい。



いつどこでこのような命に出会うかわかりません。
保護できれば全力で助けたいと思いますので
物資や活動資金へのご協力、よろしくお願いします。

tanba_hogoneko★yahoo.co.jp(★→@)



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。