保護が続きます...。

本日2回目の更新です。


仔猫10匹が来てから、猫の保護が続いています...。



市内某小学校に迷い込んで来たという人懐っこい猫。

学校としてはどうすることもできないので、
市役所に持ち込むということになりました。
市役所=愛護センターで『処分』です。

がんこ2015.11.13

愛護センターに回収依頼の連絡をしたとかしてないとか...
そのギリギリの段階で「どうにか助ける事はできないか」と
職員さんから連絡が入りましたが
市役所に一度引渡された犬猫は、
第三者が引き取る事はできません。

ただ、引渡した者が「キャンセル」すれば
どうにかなるのではないかとその方に伝えたところ
すぐに市役所にその旨を連絡くださり
どうにか愛護センター行きを免れました。

ガンコ2015.11

仮名:がんこ(メス)
血液検査はどちらも陰性。
生後約10ヶ月。
出産アト有り...ただし、授乳が済んで1カ月ほどたってる模様。
ってことは、生後半年くらいで妊娠→出産→今...かな。
預りさんが言うには、まだまだ落ち着き無く活発で
人懐っこい良い子だそうです。
(Yさんありがとうございます。)

後から聞いた話によると
がんこを気に入り、おうちの人に飼いたいと言ってた子も居たようで
学校内で里親さんを探す、という選択肢は
無かったものかな...とも思います。




そしてつい2日前のことですが
小さな仔猫を保護しました。

「仔猫を見た」という情報を聞きつけ
すぐにその現場に向かいましたが
時間は夜の7時過ぎ...すでに辺りは真っ暗です。
しかもその場所と言うのが背丈の高い草むらで
懐中電灯で照らしても小さな姿を見つけるのは困難でした。

実家近くだったため、母に捜索のヘルプを出すと
父も一緒に車で駆けつけてくれました。

母が「仔猫の鳴き声がした」というので
時々捜索の手をとめ、静かにし、仔猫が鳴くのを聞き
場所を絞っていきました。

草をかき分け、根元をよく照らすと
小さな白いカゲが......手を伸ばそうとすると逃げる;
反対側から父に追い込んでもらい
逃げ場を失ったところを確保!!

仔猫2015.11.23

小さい...生後1ヶ月くらいの手のひらサイズ;
こんな所で生活しているとは考えにくく
母猫らしき姿も無かったため連れて帰りました。

昨日は気温がガクッと下がり
冷たい風が吹き、雨も降っていました。

見つけられなかったら今頃どうなっていたか...
保護できて本当に良かったと思います。
(父母に感謝です......;;)

仔猫2015.11.24

生後約1ヶ月の男の子でした。
検便異常なし!
食欲旺盛、元気いっぱい!

仔猫2015.11.24②

ご存知の通り、うちは仔猫10匹増えて手一杯ですので
メンバーさんに預り&子育てをお願いしました。
(Fさんよろしくお願いします)

順調にいけば、次回の譲渡会でデビューかな。

この子が成長するまでになんとかウチの10匹を
里子に出したいものです(ううっ.......;)


来月は『里親募集強化月間』として、
あらゆる方法でガンガン募集していきたいと思います!
頑張ります!!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する