ひどい皮膚病の猫を保護しました。

6月頭、
「とても痩せている猫が居て、なんとかしてあげたい」
という内容の連絡をいただきました。

そして次の日、さっそくその猫を見にいきました。

猫がよく居るという場所に着くと
すぐに発見できましたが、
私を見るなりどこかへ行ってしまいました。


山南猫2015.6③


目に見えて痩せています...そして脱毛も...

他の野良猫とともに
どこかでご飯をもらっているようですが
この子だけがこんな状態なのだそう。

で、その日さっそく捕獲器をしかけましたが失敗に終わり
次の日は雨だったので捕獲作戦は見送り、
その次の日にもう一度捕獲器を置き
入ってくれるのを待ちました。

で、なんやかんやで捕獲成功!
すぐに連れて帰りました。


山南猫2015.6①
山南猫2015.6②


初日はハンストしてましたが
次の日にはご飯をモリモリ食べてくれました。

便にはこれといって異状が見られず。
ですが、食べても食べても太る気配無し。


病院で診ていただいたところ
おそらく好酸球性の皮膚病
ノミアレルギーだろうと言われました。


山南猫2015.6④


食べても太らないのは
皮膚の再生に栄養を持って行かれてるからだということなので
その日から栄養価の高そうなフードや
ササミが好きみたいなのでササミをあげたり
缶詰をあげたりと、食べるだけ食べさせてます。

あとは布団を毎日換え、ノミの発生を防ぐこと。

キズが治ったらシャンプー...と思ってますが
ご飯を食べて元気になったら威嚇が始まったので
そこまでできるかなと、今から心配です;


年齢はたぶん8ヶ月以上のメス。
そしてやはりといっていいのか猫エイズ陽性。
もし発情してたらこんな体でも出産&子育てしてたでしょうね...

辛い...


はやく病気が治るよう、応援してください(_ _ )

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。