ご支援のお礼。

8月6日、大阪府のA様より
2万円のご寄付をいただきました!


8月11日、兵庫県のM様より
2万円のご寄付をいただきました!


お二方とも、病気や怪我の猫が増えて大変なとき、
いつもあたたかい手をさしのべてくださいます。
本当に感謝しております。

いただいたご寄付のおかげで、
闘病中の子を継続的に病院へ連れて行く事ができます。
腎臓をやられていたがっちゃん
毎日の皮下輸液により、自力でご飯を食べれるまでに回復しました!

がっちゃん2015.8.15

ドライフード、ウェットフード、
好き嫌い無くなんでもモリモリ食べれるおかげで
体重も増えてきています!

調子が良さそうであれば、先生と相談して
皮下輸液を2日に一度にしてみようと思います。



8月15日、ぐーちゃんの里親のK様より
たーーーっくさんのタオル等をいただきました!

物資2015.8.15

お届けくださった時は、
掃除疲れで少しフラフラしてましたがもぅ大丈夫です;
ご心配いただきありがとうございました(>ω<;)

実はK様は、うちで保護した子猫を預かってくださっています。
譲渡会のポスター&チラシの右下の写真の子達です。

2015.9.27譲渡会画像2
篠山仔猫2015

仔猫の保護が続いた時
K様は「できることがあれば〜...」と声をかけてくださり
仔猫の預り先を探していることを伝えたところ
この2匹の預りを快諾くださいました。

本当に助かりました;;
K様、しばらくの間よろしくお願いいたします。

次回の譲渡会に参加させる予定ですので
それまでにこの2匹の事をちゃんと紹介したいと思っています。



***ご支援のお願いです***

猫の保護が続き、様々なものが足りません!

①仔猫用フード(ドライ、ウェット)
②猫砂(紙製、システムトイレ用等)
③駆虫薬(レボリューション、フロントライン等)
④医療費
⑤猫(仔猫)の預りさん

特に医療費に関しましては、
保護した猫の健康診断、ノミダニ駆除、その後のケア等、
怪我や病気の子の定期的な通院のため、
そして急な保護&入院となった場合は多額の治療費が必要になるため
常時募集しております。
(※骨折猫の保護は一時中断しています。)

物資の送り先等は下記アドレスまでご連絡ください。
tanba_hogoneko★yahoo.co.jp(★→@)

皆様、どうかご協力のほど
よろしくお願いいたします!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する